フェイスリフトでピンとハリのある肌へ

肌の劣化を感じるとき

老けたと実感したのは、ある時に自分の昔の写真を見た時のことでした。
懐かしむ気持ちと同時に押し寄せてきたのが、すっかりと老けた自分への驚きと、こんなにも顔がたるんでしまっているのかという衝撃がありました。
普段、何気なく鏡を見ている分には、昔とはそんなに変わっていないような気持ちでいましたが、実際はしっかりと老化が進み、年齢相応になっている自分がいたのです。
確かに昔の同級生と久しぶりに会うなどすると、相手を見て老けたと感じることがありましたが、自分自身もそのように見られているのかと思うと悲しく感じます。
いつまでも若々しくありたい気持ちもあり、昔の写真をきっかけに、これはしっかり対策をしなければいけないと痛感しました。
最終的に行きついたのはフェイスリフトという美容整形でした。
自分でも色々と工夫をしてみたこともあり、化粧品やマッサージ、ダイエットなど、かつてないほど全力で取り組んできました。
ただ、なかなか変化を実感することができず、終わりも見えない対策に心が折れ気味だったのです。
できれば速やかに生まれ変わりたい、そんな気持ちを抱えていた中、ふと考えたのが美容整形というわけです。
善は急げとばかりに、早速美容整形クリニックへと相談に行くことにしたのですが、生まれて初めての経験でしたし、まさか自分自身がこうした施設を訪れることになるとは考えたこともありませんでしたが、それだけ切実な悩みになっていたということなのでしょう。
問診票を記入してドクターと対面する頃には、生まれ変われるチャンスを掴んだようで嬉しく感じる自分もいました。
一口にフェイスリフトと言っても種類がありますが、説明を受けた施術のひとつが、皮膚を切除してたるみやシワを改善するというものでした。
ある程度は下調べをして効果に優れることも知っており、候補として入れたい気持ちも抱いていたのですが、いざ具体的に説明をされるとやはり不安があります。
皮膚を引っ張り余計な部分を切るわけですので、考えただけで怖さがありましたし、もし不自然な仕上がりになったらどうしようと心配でした。
何より思ったより費用が高いことと、ダウンタイムが長いために私の状況にはマッチしないとも感じていたのです。
そしてもうひとつ説明を受けたのが糸によるフェイスリフトでした。
これも有名で、糸を入れて皮膚を引き上げるというものです。
どちらかと言えばこちらの方が私には合っていると感じており、ドクターからの説明を受ける中でも気持ちが固まっていく実感がありました。
もちろんデメリットもあり良いことだけでもありません。
特に効果が長持ちしないというのはネックに感じるところで、せっかく引き上げても元に戻ってしまったらガッカリするでしょう。
しかしながら皮膚を切るのは怖さもあって結局、糸を入れてもらうことに決めて施術のスケジュールも決定して帰宅しました。

肌の劣化を感じるとき施術前の不安圧倒的効果!フェイスリフトをやってよかった